花めぐり

関川村では、雪解けの時期に合わせて、色とりどりの花々が咲き始めます。
光兎山や朳差岳などの山には普段平地では見ることのできない高山植物も見られます。ハイキングやトレッキングをしながら、花めぐりしてみませんか?

早春~春(2月~4月頃)

  • カタクリ【片栗】
    見頃(例年)
    4月下旬〜5月上旬
    山地帯のやや湿った落葉樹林の林床に群生する多年草で、紫褐色のまだら模様のある葉と紅紫色の花が特徴です。別名を「カタカゴ」「カタコユリ」などと呼ばれます。鷹の巣周辺や大石林道で見かけることができます。
  • イワウチワ(岩団扇)
    見頃(例年)
    4月中旬〜
    近畿地方以北の本州に分布し、花冠裂片の先が細かく切れ込む白や淡紅色の広鐘型の花をつけます。葉の形が「団扇」に似ていることが和名の由来です。湯蔵山や三角点で見られます。
  • イカリソウ
    見頃(例年)
    4月中旬〜
    イカリソウは北海道から近畿地方にかけて分布。種類が多く、花の色も白の他、ピンク、紅色までさまざま。関川村では毎年4月中旬ごろから、光兎山でみることができます。
  • オオバキスミレ
    見頃(例年)
    4月中旬〜
    北海道から本州にかけての特に日本海側の産地の湿った場所に自生しています。名前の由来は、他の菫に比べて葉が大きく、黄花を咲かすところからきています。関川村では光兎山でみることができます。
  • ヒトリシズカ
    見頃(例年)
    4月下旬〜
    北海道から九州に分布し、白いブラシのような花を付けるのが特徴。湿度の高い場所を好み、成長すると高さ20㎝ほどになる。光兎山に自生している。
  • サクラ
    見頃(例年)
    4月中旬〜下旬
    村内にはいくつかのお花見スポットがありますが、高瀬温泉薬師堂から600メートルほど、荒川沿いに約90本の桜並木が続きます。丸山大橋からも関川村の風景の中に桜並木を見渡すことができます。桜が見頃を迎える4月中旬から下旬にかけては、夜間ライトアップも行われます。

初夏(5月~7月頃)

  • ミズバショウ(水芭蕉)
    見頃(例年)
    5月〜7月ごろ
    5月から7月ごろの雪解けとともに、高さ10㎝〜30㎝程度の花茎を伸ばし、純白の仏炎苞に囲われた花を見せてくれます。山地帯から亜高山帯にかけての湿原や池沼、湿地に生える多年草で大群落をつくります。日本では北海道、本州に自生していますが、日本海側に多く見られます。可憐な印象ですが、有毒です。

夏~初秋