早春~春(2月~4月頃)

ミズバショウ(水芭蕉)

4月中旬ごろの雪解けとともに、高さ10㎝〜30㎝程度の花茎を伸ばし、純白の仏炎苞に囲われた花を見せてくれます。山地帯から亜高山帯にかけての湿原や池沼、湿地に生える多年草で大群落をつくります。日本では北海道、本州に自生していますが、日本海側に多く見られます。可憐な印象ですが、有毒です。

見頃(例年) 4月中旬〜